医療法人社団 誠友会 南部病院

診療科・部門

トップ > 診療科・部門 > チーム医療

チーム医療


栄養サポートチーム(NST)


栄養サポートチーム(NST:nutrition support team)は多職種で栄養管理を症例個々や各疾患治療に応じて適切に実践するチームです。

役割は、栄養管理が必要か否かの判定(栄養アセスメント施行)、適切な栄養管理が施行されているかの確認、最もふさわしい栄養管理法の提言、栄養管理に伴う合併症の予防・早期発見・治療、栄養管理上の疑問点に応える(コンサルテーション)、新しい知識・技術の紹介・啓発などです。

当院のNSTは2011年11月に設立しました。構成員は医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー・医事課、院外の歯科医師・歯科衛生士です。週2回 回診カンファレンスを行い、月1回 NST委員会を行っております。

がん患者支援チーム


今年から緩和ケア認定看護師を中心にがん相談支援チームを立ち上げ、がん患者さんへ早期から介入させていただき、心身のケアを行う体制をとり始めました。苦痛の軽減、より良い生活の質の維持を支援していきます。

口腔ケア


口腔内の清潔を保ち、誤嚥性肺炎の予防を行い口からの食事で栄養状態が改善し早期に退院できるようにサポートするための体制です。摂食機能療法(嚥下訓練・咀嚼訓練)を毎日30分以上行っています。宮崎歯科福祉センターより歯科医、歯科衛生士により1回/週、往診をしていただいて、診療やご指導を頂いています。歯科との連携で口腔内の清潔を保ち、嚥下機能の改善のため継続したケアを行っています。

また、周術期口腔機能管理も消化器の手術には欠かせないものです。術後の肺炎予防のために手術前から口腔ケアを推奨しています。

在宅支援連携体制


強化型在宅支援病院としての役割を担い、在宅支援診療所と連携して緊急往診・看取りの対応を行っています。また、いつでも救急受け入れができるように外来・夜間当直・病棟との協力体制を整えています。

地域連携室に2名の医療ソーシャルワーカーが常駐し病棟では退院支援ナースが協働し在宅生活を見据えて退院支援を行っています。

ページトップへ

私たちは「ここに来て良かった」と言ってもらえるように努めます

サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画

南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。 すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.