医療法人社団 誠友会 南部病院

住所 〒880-0916
宮崎市大字恒久891-14
電話番号 電話番号
0985-54-5353

救急の方の診察

救急の方は土日・祝祭日・夜間も随時診療致します。
来院前にお電話をお願いします。


理事長挨拶



5本指靴下の効用
理事長 八尋 克三
八尋理事長
かれこれ3か月ほど前から5本指の靴下を愛用している。きっかけは皮膚科立山医師に小生の左拇指(足の親指)がいつの間にかまき爪に変形し、治りにくい周囲炎を合併しているのを相談したのが始まりである。この時「左だけまき爪になっているけど、左膝が痛いようなので歩き方が変になっていませんか。」と言われた。そういわれれば時々左ひざが痛くなるので、左親指を浮かして歩くようになっていたことに思い至った。そう伝えると、彼は「それがまき爪の原因ですよ。それにしてもまき爪の周囲炎(爪の周りの炎症)がひどいですね」そう言いながら炎症部分を何度も液体窒素(凍結療法)で焼いてくれるのであった。結構痛いが我慢して聞いていると「そんな人には5本指の靴下がいいですよ」と言いながら靴を脱いで自分が履いている5本指靴下を見せてくれた。見た目には難点があるが、指の1本、1本が自由になり機能的であることは一目で了解した。液体窒素の痛みに耐えつつ思い出したことがあった。同医師が靴そのものも5本指状になっている履物を履いていたことがあったことを。それは見た目には地下足袋のできそこないのようであり、人前で履くにはちょっとした度胸がいるし、おいそれとは使いたくない代物であった。奇異な目で見られることは間違いなかった。「あれは今も時々履いているけど、愛好者も結構いて通販や○○で販売している・・・」ご高説は続いたが凍結治療の痛みの中であり、このあたりからよくは覚えていない。

いずれにしても巻き爪原因説には説得力があったので、数日後に5本指靴下を購入し、こんにちまで愛用している。爪もまき爪状態から脱皮しつつあり、炎症もほぼ治まっている。ただ5本指靴下を履くだけでは面白くないので、立山医師の鼻を明かす意味合いもあり、足の指の運動に取り組むことにした。まず、手でやるグー、チョキ、パーを足指でやることにした。これには風呂に入っているときが最適であり、入浴中の日課にしている。また、歩く時も足の指をしっかり着いて歩くように心がけた。別の効用として、ゴルフのアドレスでは足の指でしっかり大地をつかむようするのが基本中の基本であるとゴルフ入門書物に書いてある。このこともヘボゴルファーである小生にとってはこの歩き方を続ける動機のひとつになっている。

さらに小生の考えは飛躍して、ピアノなど指先を動かすのはボケ防止に良いという話は定説となっている。ならば足の指もボケに効くに違いないと思い至った。この思い付きから認知症予備軍としては、藁をもつかむ心境で毎日風呂の中で足指ジャンケンを続けている。やった人にはわかると思うが、グーとチョキはよくできるがパーが難しい。小指がなかなか広がらないのである。広がっても意思に反してすぐに閉じてしまう。いま、この難題に挑戦中である。うまく行きだしたら、老人ホームで足指ジャンケンや大会をやったら面白かろうなどと一人で思っている。
皆さん、足の指で大地をしっかりつかんで踏みしめて歩く。それに足指ジャンケン!これっておすすめです。5本指靴下もさっそく始めてみませんか。

最新の理事長の挨拶・雑感

▶ 理事長 八尋 克三 【胃・腸・膵臓・胆石症】

昭和46年 鹿児島大学医学部卒
日本外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会会員
日本肝胆膵外科学会会員
日本臨床外科学会会員

私たちは「ここに来て良かった」と言って頂けるように努めます
サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画
南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.

ページトップへ