医療法人社団 誠友会 南部病院

住所 〒880-0916
宮崎市大字恒久891-14
電話番号 電話番号
0985-54-5353

救急の方の診察

救急の方は土日・祝祭日・夜間も随時診療致します。
来院前にお電話をお願いします。


理事長挨拶



新年は
どうお過ごしでしょうか

理事長 八尋 克三
八尋理事長
皆さま、平成27年をどのようにお迎えでしょうか。

大みそかから1日経っただけのお正月が何か特別の日みたいに感じて、心組みまで変えようと思うのは不思議なことです。不心得者が一念発起するのには、大変便利なことであり、私もしばしば活用し、これからもお世話になろうかと思っています。

昨年10月から院長職を山成副院長に譲り、理事長に専任しています。と言いますと何か特別の変化があるように聞こえるかもしれませんが、日常診療などこれまでと何らの変わりもありせん。
そのような次第で従来の「院長挨拶」は山成新院長にお願いして、私は「理事長雑感」と言うことにして、折々に感じ考えていることを気ままに書かせいただくことにしました。愚生の「たわごと」とお許しください。

今回は「一枚の写真」について書いてみます。といっても特別のものではなく、週末に時折家内と朝食を食べに行く○○食堂にかかっている写真です。大島町や大塚町、恒久のも同様の食堂がありますのでチエーン店かなと思っていますが、この3店にも同じ写真が飾ってあります。どんな写真かと言いますとおよそ90×60センチほどの大きさで昭和30年代でしょうか、角地の食堂の前での記念写真らしく、ちょび髭の40台親父さんと男の子一人と二人の女の子が高い丸椅子に座ってこちらを見ています。親父さんは下駄ばきで子供たちは椅子が高いので足元に靴を脱いでいます。右手には首輪を付けた賢そうな犬がやはりこちらを向いています。犬や親子の目線からすると撮っているのはおかみさんかなと想像しています。ここの親父さんは何でもできる人のようで店の看板に和洋料理・江戸前にぎり・すき焼き・水炊き・かしわ・丼もの・折詰弁当とこんなに沢山と思うほどの料理が大書しています。店の中のお品書きが見えますが、カレーライス・ラーメン・火薬うどん・各種の丼物の名前等々が所狭しと貼ってあります。また、この親父さんは働き者のようで、出前用の一台のオートバイと2台の自転車も写っています。二階は住まいみたいですが、正面窓ガラスのひび割れに星形の紙で補強しているのも見えます。きっとあの男の子が悪戯して割り、散々しかられたのかなと想像したりしています。そうそう電信柱には「女子急募」の張り紙も見つけました。

私はこの写真が好きです。席が空いていれば必ずこの写真の前に座ります。そして飽かず眺めていますが、時々新しい発見があります。最近では例の紙で補強している窓ガラスの窓枠そのものも板で補強されているのを見つけました。別の日にはオートバイのナンバーが大阪であることも判明しました。これからも新しい発見がありそうです。
どうしてこの写真に惹かれるのか、理屈を捏ねればいくつかありそうですが、なぜかしら郷愁を誘われて惹かれるってことが一番ふさわしいように思っています。

もう一つ、夢想していることがあります。それは、この写真を映画の冒頭のシーンにして、私が監督で「はい!冒頭シーン、スタート」と叫ぶ、この声をきっかけに写真が動画に変わり、おじさんが、子供たちを椅子からおろす、右端の犬がしっぽを振りながら写真機を構えていたおばさんに駆け寄る。中から店員が出て来る気配がする。そしてこの下町の食堂の一日が喧騒のなかで始まる。そこまでは思い描いてみましたが、その後の展開は考え中です。きっとあの写真の中にあると思っていいます。

「何気ない 日々の中にこそ ドラマある」
「路傍のはな よくよく見れば 見事なり」
「いつの間(ま)か 大事なことを 忘れおり」
・・・駄作で締めくくってみました。
理事長似顔絵

最新の理事長の挨拶・雑感

▶ 理事長 八尋 克三 【胃・腸・膵臓・胆石症】

昭和46年 鹿児島大学医学部卒
日本外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会会員
日本肝胆膵外科学会会員
日本臨床外科学会会員

私たちは「ここに来て良かった」と言って頂けるように努めます
サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画
南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.

ページトップへ