医療法人社団 誠友会 南部病院

住所 〒880-0916
宮崎市大字恒久891-14
電話番号 電話番号
0985-54-5353

救急の方の診察

救急の方は土日・祝祭日・夜間も随時診療致します。
来院前にお電話をお願いします。


理事長挨拶



在宅老健施設を訪れてみて
理事長 八尋 克三
八尋理事長
6月初旬、市内の老人ホームを訪れた際に、ここの4階個室にお住いのMさんを見舞った。ここは、介護士のほかに看護師が常駐するお年寄りには安心感がある施設と言われている。
5月末から毎週1回、当院の訪問看護ステーション主任と2名の社会福祉士の4人で、南部病院近隣の「お年寄り収容施設」を2,3か所ずつ訪問している。Mさん入所施設訪問もその一環である。
この訪問は、いろんな施設の実情を知り、南部病院が多様な施設にお住まいのお年寄りにどのように関わっていけばよいのかを再認識するのを目的としている。

お見舞いしたMさんとのお付き合いは長い。Mさんが50歳台のころ、宮医大在職中に大きな腹部手術をさせて戴いた。Mさん60歳後半のころには、税理士であったご主人が長い闘病の末に南部病院で亡くなられている。その後も、Mさんは、当院内科T医師を主治医と定められて長く通院されており、お顔を見るたびに立ち話する間柄である。90を過ぎた最近は入退院を繰り返されているが、もう彼是35年以上のお付き合いになる。Mさんはどの場面でも理知的で気丈に振る舞われており、今もそうである。Mさんはうす暗い居室のベットに横たわっておられたが、私に気づくと起き上って丁寧にあいさつされた。東京にお住いの長女さんが事あるごとに帰郷され、気配りされているとお聞きしている。

世間一般からすると恵まれた環境のように思われるが、節目節目で立派に処されたMさんの生き方を見知っているだけに、Mさんの終の棲家がどことなく寂しく無機質に感じられたのは身につまされた。

これまでに訪問した施設では、スタッフが中心になって唱歌を歌ったり、集団でゲームをする場面や食事や入浴のお世話も見せて戴いた。居室や食堂、浴室、トイレなどの施設もそれぞれ工夫されており、至れり尽くせりと言ってよいかもしれない。ただ、主役であるお年寄りの皆さんに思い思いの余生を送っていただくには、何かが決定的に足りない気がしてならなかった。老人だけを収容するのも、隔離しているようで異様な感じが拭いきれない印象を持った。スタッフが汗水流してお世話しているだけにお年寄りの無気力さが際立って感じられた。

今度の施設訪問では、「お年寄の最後の棲家のありようが、今のままで良いのだろうか」を考えさせられた。また、「人が年を取っていくこと」の現実をも改めて見せつけられたが、どうしたらいいのか、思い荷物を背負い途方に暮れている。
院長挨拶としては、この梅雨のように湿っぽいものになったことをお許しください。
南部病院も外来や入院で多くのお年寄りを見せて戴いています。長い間、家族のため、会社のためあるいは国のため頑張ってこられた方々です。
私たちが、今すぐにでもできることは、現実のお姿に隠れているが、「それぞれの方が自他のために懸命に生き、輝いていたこと」への敬愛と感謝の気持ちを持つことではないかと思っている。全てはそこから始まると考えています。

最新の理事長の挨拶・雑感

▶ 理事長 八尋 克三 【胃・腸・膵臓・胆石症】

昭和46年 鹿児島大学医学部卒
日本外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会会員
日本肝胆膵外科学会会員
日本臨床外科学会会員

私たちは「ここに来て良かった」と言って頂けるように努めます
サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画
南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.

ページトップへ