医療法人社団 誠友会 南部病院

住所 〒880-0916
宮崎市大字恒久891-14
電話番号 電話番号
0985-54-5353

救急の方の診察

救急の方は土日・祝祭日・夜間も随時診療致します。
来院前にお電話をお願いします。


病院長挨拶



令和2年 新年の御挨拶
院長 山成 英夫
山成院長

あけましておめでとうございます。新しい年を迎え御挨拶を申し上げます。

平成より令和へと新時代の到来を迎え、今年は東京オリンピックなども控え明るい年となることが期待されています。しかし少子高齢化にともなう医療情勢の急速な変化に変わりはなく、南部病院も状況の変化に合わせて医療提供体制の変更を行っています。「変化のないところには進歩もない」大切なことは、この変化を良い方向へと進め、患者さんにとっても職員にとっても、より良い病院づくりへとつなげていくことと考えます。

より良い病院作りの中で今後一層重要になってくることは働き方改革です。「しっかり働き」「しっかり休む」といっためりはりをつけるためには、業務の効率化、軽減できる仕事は軽減することとともに、スタッフ同士がお互いを補完し合う助け合いの心も大切なことと思います。患者さんにとっても、職員にとっても優しい病院になることによって、地域の方々や医療に携わる多職種の方にも受診してみたい、働いてみたいと思われるような病院であり続けることができるのではないかと考えます。

きびしい医療経済や情報の氾濫の中で、ともすれば本来の医療人としてのあり方を見失いがちな時代ですが、失ってはならない大事なことは「人と人とのつながり」だと思います。患者さんに対する優しさや思いやりのある態度はもちろんのこと職員同士のコミュニケーションや助け合いの精神もとても大事なことと考えます。

昨年は八尋克三理事長が長年の地域医療への貢献により叙勲を受けられ病院にとっても大変喜ばしいことでした。今後も引き続きより良い地域医療を提供できるように病院一丸となって努力していきたいと思います。

最後に皆様にとって幸多き年となりますよう祈念して年頭の御挨拶といたします。今年も宜しくお願いいたします。


令和2年 1月吉日

最新の理事長の挨拶・雑感

▶ 院長 山成 英夫【消化器外科】

昭和58年 宮崎医科大学卒
日本外科学会指導医
日本消化器外科指導医
日本臨床外科学会会員
日本癌学会会員
日本消化器外科学会会員

私たちは「ここに来て良かった」と言って頂けるように努めます
サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画
南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.

ページトップへ