医療法人社団 誠友会 南部病院

住所 〒880-0916
宮崎市大字恒久891-14
電話番号 電話番号
0985-54-5353

救急の方の診察

救急の方は土日・祝祭日・夜間も随時診療致します。
来院前にお電話をお願いします。


病院長挨拶



平成30年の念頭にあたって
院長 山成 英夫
山成院長
新年あけましておめでとうございます。
平成30年の年頭にあたりまして御挨拶を申し上げます。

南部病院は地域に密着した民間病院として、地域の皆様に親しまれ信頼される病院を目指して日々努力しています。昨年1年間の診療実績としましては、手術件数599件(全身麻酔手術301件、腹腔鏡手術242件)、胃内視鏡1690件、大腸内視鏡1047件、膵胆管内視鏡110件、CT検査1827件、エコー検査4281件等でした。 教育病院の役割としては、宮崎大学医学部より9名の臨床研修医の受け入れを行いました。

今後、社会の少子高齢化が進み、国の政策である地域包括ケアシステムにおいて、地域の中での医療・介護、及び、在宅での医療・介護がますます重要になってくることが考えられます。その中で南部病院が、今後求められる役割としては、まず後方支援病院として在宅医療を支える責任があると考えます。現在、強化型在宅支援病院として、訪問診療を行っておられる先生方と月に1回のカンファレンスを行いながら在宅医療の後方支援に取りくんでいます。又、整備された外来機能を備えた地域の中核病院として、皆様により安心して受診頂けますように、外来の充実・改善を図ってまいりたいと思います。

一方で南部病院の得意分野、専門性をさらに強化していくために、院内に、「消化器病センター」部門を立ち上げることにより、より良い医療の提供に寄与していけるものと考えています。院内では、すでに栄養サポートチーム、口腔ケアチーム、緩和ケアチームが活動しており、今後さらに専門性を高め院外への情報発信にも取り組んでいきたいと思います。

あるベストセラーの本の中に、人間が互いに知り合い、助け合い、まとまって行動できる集団の限界は150人であると書いてありましたが、これは現在の南部病院の職員の数とほぼ一致している事に驚きました。開院30周年を迎えた今、開院当初よりこれまでの一体感のある病院を目指して努力してきた結果として、この数に集束したものと思います。今後はさらに一体感を持ち、職員が互いに助け合いながら、より良い地域医療に貢献できます様に精進して参りたいと考えています。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

過去の病院長の挨拶・雑感

▶ 院長 山成 英夫【消化器外科】

昭和58年 宮崎医科大学卒
日本外科学会指導医
日本消化器外科指導医
日本臨床外科学会会員
日本癌学会会員
日本消化器外科学会会員

私たちは「ここに来て良かった」と言って頂けるように努めます
サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画
南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.

ページトップへ