医療法人社団 誠友会 南部病院

住所 〒880-0916
宮崎市大字恒久891-14
電話番号 電話番号
0985-54-5353

救急の方の診察

救急の方は土日・祝祭日・夜間も随時診療致します。
来院前にお電話をお願いします。


放射線科


フィルムレス化

南部病院では平成20年5月からフィルムレスを行っており、フィルム作成や搬送の時間を省き、検査から診断までの効率を上げることにより少しでも患者様に待ち時間を削減できるようにしています。

全身用コンピュータ断層撮影装置
Revolution EVO

全身用コンピュータ断層撮影装置 Revolution EVO 平成28年3月
患者様がより安心できる医療を目指して、全身用コンピュータ断層撮影装置を更新いたしました。(64列Multi-DetectorCT)、Revolution EVOです。

当院のCT検査では、一回の撮影で複数の輪切り像が得られる最新型ボリュームCTスキャナです(短時間で高精細なCT画像が得られます。)
得られた輪切像から下のような精密な立体像を作ることも可能です。

当院では、常勤の放射線科医師がいますので、詳細な読影が可能です。

腹部の検査時には、ヨード系の造影剤を注射しながら検査することが多く、事前に問診、同意をいただいています。ご不明な点は、担当スタッフにご相談ください。

また御紹介で受診される場合はお時間に余裕をもっておいで下さい。

当院のCTがGEヘルスケア・ジャパン(株)
Smart Mailに掲載されました!
閲覧・印刷はこちら

X線テレビ
Sonialvision eite versa(島津社製)

平成20年5月の外来棟の新規移設に合わせて更新しました。従来のアナログX線TVから高速・高精細なデジタルX線TV
(島津社製、Sonialvision eite versa)を導入しています。

パルス透視機能により被ばく量を大幅に低減し、寝台昇降機能により患者さんの乗り降りがし易くなっています。又、デジタルシステムの多彩な画像処理機能で高精細な画像を提供し、リアルタイムに画像を確認する事ができます。

造影剤を使って胃や小腸・大腸などを検査したり、内視鏡と組み合わせて胆管・膵管の検査を行います。画像診断以外に、腸閉塞や総胆管結石、各種のドレナージ、食道静脈瘤、その他の様々な疾患の治療にも使用しています。

一般撮影装置 KXO-50R(東芝メディカル社製)

X線を使って胸部、腹部、骨格系など、体のほとんどの部分の撮影を行う事が可能な装置です。

デジタル画像処理システム(CRシステム)との組み合わせにより、迅速かつ適切な撮影が行えるようなシステムになっています。

骨密度測定装置 PRODIGY C

当院では、骨密度測定装置GEヘルスケア製のPRODIGY Cを設置し、骨粗しょう症の予防、診断および治療に取り組んでおります。

● 骨密度測定検査について
骨折すると多大な苦痛を強いられる脊椎部、大腿骨部の骨密度を直接測定することができます。測定時間は約10分以内で、痛みもありません。お気軽に当院スタッフまでお申し付けください。
私たちは「ここに来て良かった」と言って頂けるように努めます
サイトマップ | 個人情報保護方針 | 一般事業主行動計画
南部病院ホームページに記載のデータ・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は南部病院に帰属します。
Copyright © NANBU Hospital. All Rights Reserved.

ページトップへ